ボッシュ・カーライフ 体験ストーリー
LET'S HAVE Bosch Aftermarket Experience | Bosch Car Service

大切な愛車と長く付き合うために「ボッシュ カーサービス」を体験してきました!

05 ボッシュ カーサービス編

取材協力: ボッシュカーサービス アウトハーフェン

〒260-0823
千葉県千葉市中央区塩田町383-1
Tel: 043-208-5515
http://www.autohafen.com/

「とにかくクルマが大好き!」と公言するラジオパーソナリティーの藤本えみりさんに、専門家に相談しながらカーメンテナンスが受けられるボッシュ カーサービスで愛車の“健康診断”を体験していただきました。

なんでも相談できる 町医者のような整備工場

PROFILE 藤本えみり

大切な愛車がほんとうに万全の状態であるか、ときどきふと気になることってありませんか? 私も先日、JEEPチェロキーの体調が気になり、ボッシュ カーサービスに足を運んできました。

四角いカタチに一目惚れしてチェロキーを購入してからもう10年。走行距離は約15万kmになります。運転するのが大好きで、このクルマでいろんなところに出かけていますが、近頃たまにエンジンがかからないこともあり…良き“相棒”としてこれからも長生きしてほしいので、千葉市にあるボッシュ カーサービス「アウトハーフェン」へお邪魔し、「ボッシュ・サービス・プログラム」というクルマの“健康診断”を受けることにしたのです。

今回、特に心配なのはバッテリーの状態です。JAFのデータによれば、一般道での出動件数でもっとも多いトラブルがバッテリー関連。特にエアコン使用量が増える夏や冬はバッテリーのトラブルも増加するそうです。暑さ寒さで調子が悪くなるなんて、人間の体と一緒ですね。ボッシュカーサービスでは、まずフロントで問診票に記入し、「ボッシュサービステクニシャン」の称号をもつメカニック担当者から診断メニューの説明を受けます。

車両診断に使われるのは、ボッシュ独自の最新診断機器。バッテリーテス ター(BAT)、システムテスター(KTS)、ビークルシステムアナライザー(FSA)&排気ガステスター(BEA)、サービスダイアグノーシスライン(SDL)の4種類を用い、トータルな点検が行われます。通常はフロントでコーヒーを飲みながら待っていれば1時間ほどで結果が出ますが、クルマ好きの私は、せっかくの機会なので説明を受けながらガレージで見学することにしました。はたして自分の愛車はどういう健康状態なのか。専門家の診断を間近で見られるとあってワクワクします。

バッテリーテスター / システムテスター(コントロールユニット診断) / ビークルシステムアナライザー / サービスダイアグノーシスライン

数値で、グラフで、誰にでも 一目瞭然の診断結果

まずは外観の傷やウインカーをチェック。続いていよいよ小型のバッテリーテスターで診断します。エンジンをかけた状態、ライトON、OFFでのバッテリーとオルタネーターの状態をテスト。すると瞬時にデータがプリントアウトされて出てきます。バッテリーに負担がかかることはないらしく、わずか10秒ほどでチェックが完了。なんと、我がチェロキーのバッテリーは、容量が73%に減少していました。本格的な冬を迎える前にバッテリー交換をしなくてはいけませんね。

次に車両全体をシステムテスターで診断します。小型ゲーム機のようにコンパクトな見た目ですが、車両のコンピューターにアクセスし、故障信号を検出する優れもの。この先進機器が、多様なトラブルに対応し、クルマのコンディションをベストな状態に維持するのに大いに役立つそうです。

隣のガレージに移動し、ビークルシステムアナライザーに装着された排気ガステスターで排ガステストを行います。排気ガスの濃度やCO2など4つのガス濃度でエンジンの燃焼状態を調べ、エンジンの不具合や無駄な燃焼をしていないかなどを調べます。

最後に足回り。タイヤと路面の接地具合やカーブの安定性、ブレーキの効き具合などを、サービスダイアグノーシスラインで速度を変えて、4輪それぞれ丁寧に調べていきます。ほんのわずかな左右の空気圧の違いでも、乗り心地やブレーキバランスに影響を与えてしまうもの。パーツ交換後にクルマの乗り心地が悪くなったという方に最適な診断が行われます。

診断結果をプリントアウト。 愛車のコンディションが数字でわかる!

確かな信頼と実績は 最新の診断機器だからこそ

診断に使われるすべての機器には、ボッシュの最新テクノロジーが搭載されています。その先端技術によって、どんなメーカーのどんな年式のクルマでも、スピーディーに的確な診断ができるそうです。診断結果はグラフや点数で、誰にでも分かりやすく表示されます。ちなみに今回の診断では、私のチェロキーのトータルコンディションは85点という結果でした。

診断後は気になるところを相談しながらメンテナンスしてもらうことができます。長い付き合いでよく知っているつもりのチェロキーですが、さまざまな新発見がありました。定期点検では発見できないクルマのコンディションまで洗い出してくれるのは、常にクルマとともに進化を続けてきたボッシュならでは!

人もクルマも、健康体だと思っているときこそ“体調管理”は万全にしておきたいものですね。

愛車のことをもっと知りたいなら、皆さんもお近くのボッシュ カーサービスに足を運んでみてはいかがでしょう。

愛車のメンテナンスについては、あなたの街のボッシュ カーサービスにご相談ください。

● 値やグラフを用いて診断結果をわかりやすく表示。客観的な良否判定を行います。

● 熟練の技術と豊富な知識を備えたボッシュマイスターが、クルマの状態に応じて整備します。

● 世界150のカーメーカーに対応した最新コンピューターを駆使して、きわめて精度の高い診断を行います。

● 世界134カ国、約13,600店舗の実績(2015年12月末日現在)と信頼のネットワークで、多様なニーズにお応えいたします。

> ボッシュ カーサービス ホームページ

 

ボッシュ カーサービス

 


PROFILE 藤本えみり

PROFILE 藤本えみり週末はほとんどクルマイベントやサーキットで過ごすほどのモータースポーツ好き。プライベートの休日でも、海外で様々なレースを観戦。アクティブにクルマと密着した生活を楽しんでいる。レギュラーのラジオ番組では多くのモータージャーナリストをゲストに招き、新車の試乗会にも多数参加。愛車でキャンプやスキーを楽しむアウトドア派の一面も。