ボッシュ クラッシュデータリトリーバル (CDR) / Bosch Crash Data Retrieval (CDR)

クラッシュデータを記録するイベントデータレコーダーは、今日、走行している多くの車両に導入されています。
EDRは、エアバッグまたは他の車両安全システムの代表的な機能です。
CDRツールは、車両のEDRに保存されたデータを読み出し、クラッシュ情報をCDRレポートの形で出力します。

 

 

Bosch Crash Data Retrieval (CDR) Bosch Crash Data Retrieval (CDR)
 
Overview

CDRツールDLCキット
 
CDR DLCキットは、入門レベルのキットで、CDRツールならびにサポートされた車両のDLC(診断リンクコネクタ)から直接EDR(イベントデータレコード)データをレポート化するために必要なほとんどのケーブルおよびコンポーネントが含まれています。CDRツールおよびクラッシュデータをイメージングするために、CDRソフトウェア(別売)およびWindowsベースのPC(付属しません)が必要です。

 

Downloads
Accessories

Related Parts & Accessories    詳細はこちら ≫

 

CDR D2M ケーブルおよびアダプタ
CDR D2M(モジュール直結)ケーブルおよびアダプタは、EDR情報を保存する車両側のモジュールにCDRツールを直接に接続するために使われます。
重大クラッシュにより、車両の電気システムに支障があるか損傷している場合があり、データがDLCコネクタからアクセスできない可能性があります。
D2Mケーブルとアダプタは、個別に入手または別のD2Mキットに含まれます。