国産車のバッテリー形式

[JIS 規格]
国産車に搭載されている主なバッテリー形式はJIS 規格(日本工業規格)で規定されています。
 

【表示例】 55B24R

 

項目 説明
性能ランク バッテリーの総合的な性能を表し、コールド クランキング電流(CCA)とリザーブ キャパシティ(RC)を掛けあわせた計算式
= (CCA ×RC)1/2 ÷ 2.8 で求めることができ、数値が大きいほど高性能になります。
例:CCA = 370A、RC 64 分 ※いずれも定格値の場合
性能ランク = (370× 64)1/2 ÷ 2.8 = 55.0 → 表示値「55」   ※JIS D5301 に基づく(2006 年11 月20 日改定)
短側面サイズ
または
端子サイズ

短側面サイズ:
JIS 規格による幅 × 箱高さのサイズ区分を表します。
JIS 規格でサイズの区分が決められており、
サイズはA ~ H まで存在し、
A → H の順に大きくなります。
端子サイズ:
B 端子: (+)14.7mm (-)13.0mm
D 端子: (+)19.5mm (-)

 

長さ

バッテリーの長さ(cm)を表します。

端子位置

プラス端子、マイナス端子の極性位置を表します。
以下の場合、両端子を手前にした場合の、マイナス端子の位置によりタイプが決定されます。

トヨタ プリウス、プリウスα、アクア、レクサス CT200h 等に適合する国産ハイブリッド車専用バッテリーの形式に「S34B20R」、「S46B24R」のように性能ランクの数値の前に「S」が付く場合があります(「補機用バッテリーの形式」を参照)。